Visa欧州でRT決済推進の理由(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年11月18日9:00

欧州決済協議会はEU圏内でのリアルタイム送金サービス(SEPA Instant Credit Transfer:ICT)を11月にスタート。欧州全域の銀行口座送金がモバイルやオンラインで簡単にできるようになる。

 

これによって欧州の銀行は、VisaやMastercardなど国際ブランドネットワークを介さないリアルタイム決済が可能になる。

 

これに危機感を覚えたVisaはリアルタイム決済プラットフォームを構築。ICTに対抗する体制を整えた。P2P、B2C、B2Bの送金決済が可能になる。

 

欧州で展開するにあたり、Visaはワールドペイと提携。マーチャントが消費者にリアルタイム決済ができる機能を装備する。とともに、銀行やマーチャントがこのサービスを簡単に実装できるよう、APIを公開する。

 

さらに、欧州Visaはカード発行会社に対し、2018年10月までに、リアルタイム決済を可能にするよう要請した。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop