LINE Payが業務提携契約を締結し、ロフトの旗艦店で利用を開始(ネットスターズ)

2017年11月15日7:00

ネットスターズは、LINE Payと2017年10月1日に業務提携契約を締結し、正式に「LINE Pay」のモバイル決済サービスの代理販売提供を開始した。まずはロフトの旗艦店である渋谷ロフト、なんばロフトの2店舗で2017年11月15日よりLINE Payの利用を開始することになった。

ロフトではLINE PayとWeChat Payに対応(ネットスターズ)

ロフトでは2016年よりすでに中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay」を利用しているが、今回はネットスターズが提供するStarPay端末Sunmi V1を新たに店舗へ導入しLINE PayとWeChat Payのマルチ決済を実現したという。さらに2018年3月には同決済端末の利用店舗を全国55店舗に拡大する計画となっている。

ネットスターズは2015年よりWeChat Payを展開しており、すでに1万拠点以上の店舗にモバイル決済用の決済アプリ「StarPay」とStarPay端末 Sunmi V1を提供しているそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop