沖縄銀行がiBank社の「Wallet+」に参加、オープンAPIを活用

2017年11月17日19:24

ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)傘下のiBankマーケティング(iBank社)と、沖縄銀行は、2017年11月17日、沖縄銀行がiBank事業への参画に関する資本業務提携に正式合意したと発表した。両社では、2017年9月29日付でiBank事業への参画に向けた資本業務提携に関する協議を開始する基本合意を締結していた。

サービス・機能の概要(iBank/沖縄銀行)

今回の合意により、両社はiBank社が運営するスマートフォン専用アプリ「Wallet+」の導入に向けた共同開発に本格着手するとともに、沖縄銀行が構築するオープンAPIを活用することで、スピーディーかつ低コストでのサービス実装を実現するという。

沖縄銀行への「Wallet+」の展開により、沖縄銀行の口座保有者(個人)には、新たなマネーサービスの体験を提供するとともに、iBank社のさまざまなマーケティングソリューションを活用して、各種金融サービスの利用促進や地域のパートナー企業(法人)への送客機能などを提供することで、地域経済の活性化に資するローカルエコシステムの構築を協同で目指すとしている。なお、サービス開始時期は、2018年春を予定している。

沖縄銀行への「Wallet+」展開にあたっては、来春時点までにリリースされている最新バージョンの機能をすべて実装するという。「Wallet+」の利用者は、アプリをダウンロード後、利用銀行を選択することで、各銀行の金融系機能が利用可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop