Samsung Payインドで250万利用者(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年11月19日9:00

インドにSamsung Payが上陸したのは2017年3月。それから半年後の9月12日には、利用者が150万人に達した。

 

しかしこれで終わらないのがインドの奥行きの深さ。13億人という人口はあなどれない。11月はじめにはさらに100万人の利用者が加わり、インドにおけるSamsung Payの利用者は合計250万人になった。

 

インドのスマートフォン市場におけるSamsungのシェアは47%。Samsung Payの成長の背景にはこれがある。現在Samsung Payに対応した機種は26モデルだ。

 

Samsung Payを採用したインドの銀行は10行。これを含めSamsung Payを推進するパートナーは17社。今後さらに数行が加わる予定だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop