文化堂「スマイル・ワン」がハウス電子マネーシステムを採用(アララ)

2017年11月24日18:08

アララは、ブルーチップと協力し、文化堂が展開するスーパーマーケット「スマイル・ワン」において、ハウス電子マネー機能を搭載した販促支援ツール「point+plus(ポイントプラス)」が採用されたと発表した。

カード名称は「スマイルワンプレミアムメンバーズカード」で発行手数料100円(税込み)。チャージ上限:10万円までチャージ可能(アララ)

文化堂は、神奈川県にて「スマイル・ワン」を展開しており、新規会員の獲得また既存顧客に向けたさらなるサービス強化を狙い、ハウス電子マネーを導入することになったという。 電子マネーを採用することで、レジ処理速度を高め、顧客満足度の向上を図るとしている。

生鮮館:ベイタウン本牧店での11月25日からの提供に先駆け、11月23日より生鮮館:ベイタウン本牧店、生鮮館:相模原古淵店の全2店でスタートキャンペーンを開催。同キャンペーンでは、 「スマイルワンプレミアムメンバーズカード」の配布に加え、 チャージ額に応じたポイント付与(1万円以上2万円未満(税抜き)で300円分相当の特典等)も予定している。

なお、生鮮館:相模原古淵店においては、 12月2日より電子マネーの利用を開始する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop