小田急ポイントカードのデータ分析・活用に関する共同研究実施(早稲田大学データサイエンス研究所/小田急電鉄/小田急エージェンシー)

2017年11月30日10:07

早稲田大学データサイエンス研究所と小田急電鉄、小田急エージェンシーは、2017年11月28日、データ分析に関する共同研究について合意し、基本協定を締結した。

小田急電鉄本社での共同研究契約調印式の様子、小田急電鉄 カード推進部長 水谷讓氏(左)、早稲田大学データサイエンス研究所長 後藤正幸教授(中央)、小田急エージェンシー 常務取締役 八木慎一氏(右)

早稲田大学データサイエンス研究所は数学・統計学・情報工学・機械学習・データマイニングなど、データ分析に関するさまざまな専門分野を持つ研究者が参加して2015年に設立され、外部企業との連携による研究・実践を通じて、データサイエンスの社会的な活用を推進している。

小田急電鉄と小田急エージェンシーは、その理念・目的に共感するとともに、小田急ポイントカード関連データの分析・活用を高度に進化させ、利用者により上質なサービスを提供するため、2017年12月15日から、共同研究を開始するそうだ。

同研究では、小田急ポイントカードに関するデータから、会員の名前・電話番号・住所等の情報を削除し、生年月日を年齢に変換したうえ、さらに、小田急ポイントカードのカード番号とPASMOのカード番号を不可逆の別異の番号に変換する。また、同研究において、学校法人早稲田大学と守秘義務を含む契約を締結することにより、共同利用する情報の安全管理を徹底するという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop