Android Payの新展開国(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年12月4日9:00

Android Pay陣営が版図を着々と拡大している。モバイル非接触決済はまだマイナーな決済手段だが、いずれカード決済を凌駕するだろう。

 

11月に入り、チェコやウクライナでAndroid Payがスタートした。スロバキアでもリリースする予定だ。

 

なぜ中東欧なのか。それは非接触決済が標準になっているからである。これらの国ではAndroidスマホ利用者も多い。

 

そしてブラジルもラテンアメリカで初のAndroid Pay導入国となった。Samsung Payは2015年に上陸している。2016年、ブラジルのスマートフォン保有率は70%を超えた。2012年は33%だったから急速に普及している。

 

Android PayやApple Pay、Samsung Payなどの競争環境が、モバイル決済ネットワーク構築を加速させている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop