Echo対Google Home(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年12月9日9:00

スマートスピーカーの両雄、アマゾンのEchoとグーグルのGoogle Homeはどんなふうに利用されているのだろう。Creative StrategyとExperianが調査した。

 

Echoで最もよく利用されるのはタイマーの設定。ついで天気の確認。そして音楽を聞くだった。

 

Google Homeのトップ3は、音楽を聞く、天気の確認、そしてタイマーの設定。両者とも順位のちがいはあるが、同じメニューが並んだ。

 

Echoの第4位は、スマートライトの調整。Google Homeでも6位にはいっている。米国では日本以上にスマートホームが進展しているようだ。

 

両者のトップ10での共通項は、ニュースを聞く、時間のチェック、有料音楽へのアクセスと購入であった。

 

決済に関係するものは、アマゾンプライムで何かを買う、が24位にはいっている。現在スマートスピーカーは単純なリクエストが多いが、利用に慣れてくると、音声でショッピング、音声で決済、という人が増えてくるだろう。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop