QR決済が可能な「PAY ID」がライフカードの社食に導入(BASE)

2017年12月4日17:00

BASEは、同社が運営する決済アプリ「PAY ID」において、ライフカードとグリーンハウスにて、共同導入されたと発表した。ライフカードはグリーンハウスに社員食堂の運営を委託している。ランチの支払い時など、クレジットカードでの決済を導入していたが、カード会社として進化する決済手段へいち早く対応すべく、グリーンハウスと共同で「PAY ID」を社員食堂に導入したそうだ。

「PAY ID」によるQR決済のイメージ(BASE)

利用者は、「PAY ID」にあらかじめクレジットカード情報を登録するだけで、以降は、都度クレジットカード番号や配送先等の情報を入力する必要なく会員IDを使って決済を行うことが可能だ。ネットショップをはじめとするオンラインの決済シーンのほか、QRコード読み取りによるオフライン決済に対応している。

なお、現在、「PAY ID」の登録ID件数は80万件で、45万店舗を超える加盟店で利用できるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop