Suica等の交通系ICカードで新幹線の普通車自由席を利用可能に(JR東日本)

2017年12月6日7:00

JR東日本は、新幹線利用者に向け、Suica等の交通系ICカードの入金(チャージ)残額で新幹線の普通車自由席を利用できる新サービス「タッチでGo!新幹線」を、2018年4月1日より開始する予定であると発表した。利用できる交通系ICカードは、Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけんとなる。

これにより、新幹線の普通車自由席に乗車する人は、事前の乗車券・特急券の購入が不要になる。 対象エリアは、東北新幹線 東京~那須塩原間、上越新幹線 東京~上毛高原間、北陸新幹線 東京~安中榛名間における新幹線停車駅相互間となる。

今回は、乗車券・特急券の効力が一体となった新幹線専用商品となる。新幹線からの乗り換えなど在来線を利用する場合は別途在来線の運賃が必要になるが、入金(チャージ)残額でシームレスに利用可能だ。

なお、同サービス開始から当分の間はキャンペーン価格として、上記新幹線停車駅相互間を利用の場合、所定の値段(乗車券・自由席特急券)以下で利用できるという。

今後は、指定席についても、2019年度末を目途にICカードでシームレスに利用できるサービスの導入を検討している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop