Bitocoin口座情報をIRSへ提供(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年12月15日9:00

米国最大の仮想通貨取引所コインベースは、米国内歳入庁(IRS)にBitcoin顧客の口座詳細情報を提出するよう命じられた。

 

2013年から2015年の間に2万ドル以上のBitcoinを購入、販売、送信、受診したユーザーの口座情報が対象。脱税の疑いがあるとみたからである。

 

IRSは当初100万人から48万人の口座を要求していたが、プライバシー騒動によって、14,000人に絞った。プライバシーか法令遵守かが問題になったが、結局は法令に従うことになった。

 

Bitcoinなどの仮想通貨は、日本では決済手段と位置付けられているが、米国では資産とみなされ、米国税法の対象となっている。

 

Bitcoinの魅力は匿名性だが、規制当局は甘くはない。不正の温床にはつぎつぎにメスを入れてくる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop