給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定(GMOインターネットグループ)

2017年12月12日16:46

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表した。同制度は、 ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、 給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度となる。まずは、GMOインターネットの2018年2月給与分(3月支払い)から導入し、順次グループ全体へと広げていく予定だ。

GMOインターネットグループでは、 2017年5月の仮想通貨売買・FX事業の開始を皮切りに、仮想通貨分野への取り組みを本格化した。また9月には、 これまで培ってきた国内インターネットインフラサービスと、金融サービスの技術力・ノウハウを活かし、ビット

コインの採掘(マイニング)事業への参入を表明している。 マイニング事業は、現在、2018年1月からの事業開始に向けて準備を進めている。

GMOインターネットグループでは、 こうした仮想通貨への取り組みをより一層強化していくためには、まずはパートナー(従業員)が積極的に仮想通貨に触れることが、仮想通貨リテラシーの向上と、 仮想通貨事業の発展に不可欠であると考え、制度の導入を決定した。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop