Tezで公共料金支払い(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年12月19日9:00

グーグルが9月にインドでスタートしたモバイル送金決済サービスTez(テーズ)が好調だ。Android Payとは別物。

 

個人間の送金のほか、実店舗での決済もできる。TezはAudioとQRの両方を活用したAQR決済。音波やQRコードはモバイルのOSや機種に依存しないという利点がある。

 

スタートして10週間で1.4億件のトランザクションを処理。Tezを受け付けるマーチャントは52.5万件になっている。

 

今後Tezは公共料金の支払いにも使えるようになる。すでに70件の水道、電気、ガス会社が請求支払いを受け付けることになっている。

 

Tezアプリには、請求支払いの期日をリマインダーで知らせてくれる機能もつく。もちろん、利用明細照会も可能。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop