「Visa payWave」対応の自動販売機向けの組込型決済端末を提供(GMO-FG)

2017年12月21日19:16

GMOペイメントゲートウェイの連結会社で、対面クレジットカードなどの決済事業を展開するGMOフィナンシャルゲート(GMO-FG)は、自動販売機及び自動サービス機(飲料自販機、券売機、コインランドリー、コーヒーマシン等)向けの組込型決済端末をシリーズで展開するが、その第1弾として、NAYAXと共同で、組込型マルチ決済端末を開発し、 2018年1月より提供開始する。

組込型マルチ決済端末の利用イメージ(GMO-FG)

世界55カ国で展開しているNAYAXのキャッシュレス決済端末「VPOS Touch」を国内向けに仕様変更し、カードやモバイル端末をかざすだけでカード支払い可能な非接触決済「Visa payWave(ビザペイウェーブ)」の機能を追加したという。「VPOS Touch」は、接触型のクレジットカード決済に加え、カードやモバイル端末を“かざす”決済が可能な自動販売機・自動サービス機向けの組込型マルチ決済端末となる。2018年1月にVisaに対応し、2月以降順次MasterCardやJCB等のカードブランドに対応していく予定だ。また、 国内のパブリック電子マネーやハウス電子マネー、インバウンド向けQRコード決済、社員証決済、ポイント対応など、さまざまな決済に対応を予定している。

すでに同マルチ決済端末は、伊藤園の飲料自動販売機において導入が決定しており、2018年1月より、まずはりそな銀行の各支店内へ順次設置される予定だ。

なお、GMO-FGは、飲料自動販売機を皮切りに、券売機やコインランドリー、コーヒーマシンといった分野へセルフ型のマルチ決済の導入を進めていく方針だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop