ペイパルが投資したフィンテック(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年12月26日9:00

不正防止のリスクマネジメントがAIによって進化している。かつてはバッチで不正を防止していたが、今ではリアルタイムが主流だ。

 

ペイパルは不正防止に強いフィンテックのシミリティ(Simility)へ投資した。リードしたのはアクセル(Accel)。ペイパルは戦略投資家としての投資になる。

 

シミリティは2014年5月1日の創業で、本社はパルアルト。今回の投資を含め、4回のラウンドで2,470万ドルを調達している。

 

シミリティは機械学習などを駆使し、申し込み不正や口座乗っ取り、不正送金、不正小切手スキャニングなどのソリューションを提供している。導入はシミリティのAPIで簡単だ。

 

顧客は銀行のほか、Eコマース、求人広告、決済サービス会社など。デジタルバンキングのケースでは不正を70%削減したという実績もある。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop