中国フィンテックIPOで投資家火傷(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年12月31日9:00

2017年米国市場へ新規上場した中国フィンテックが低迷している。ウォールストリートジャーナルによると、2017年に16社が上場しているが、10社がIPO価格を下回っている。

 

これら中国企業が2017年に米国で株式を公開し調達した総額は、37億ドル。これは米国IPO資金調達額の約8%に相当する。

 

最悪の事態に陥っているのは、融資フィンテックの趣店集団(Qudian Inc.)。2014年3月創業で、2017年10月にIPOを果たした。その際、9億ドルを調達し、米国の大型IPOとして話題となったが、株価は46%も下落している。

 

株価が下落した中国フィンテックの多くは融資フィンテックだ。中国当局の上限金利規制の影響が大きい。融資フィンテックの中には上限金利36%を超える金利を課しているところがある。これらの企業は適切な開示を怠っているのではないか、という問題点も指摘されはじめた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop