「ブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアム」を設立へ(SBIホールディングス/SBI Ripple Asia)

2017年12月27日15:48

SBIホールディングスと、その子会社のSBI Ripple Asiaは、クレディセゾン、ジェーシービー(JCB)、三井住友カードなどを発足メンバーとして「ブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアム」を2018年1月に設立する予定であると発表した。

分散台帳技術(DLT)は、カード業界において、仮想通貨発行やポイント管理のほか、本人確認や不正取引の共有・不正防止、シングルサインオンなどの様々な用途での活用が見込まれているという。同カードコンソーシアムでは、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を目指し、分散台帳技術や人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行うそうだ。

カードコンソーシアムの事務局の運営は、JCBとともに、分散台帳技術等に関する知見を保有し、金融コンソーシアムにおける実績を持つSBI Ripple Asiaが共同で担う。国内外の先端技術を有する企業との提携を積極的に行い、参加各社の業務効率化を実現化するとともに、ユーザーエクスペリエンスの向上等を通じて利便性の高い決済環境を実現し、キャッシュレス社会による社会コストの低減と生産性の向上を図って行きたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop