国際送金決済フィンテック1,900万ドル調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年1月3日9:00

2015年12月創業で、メルボルンに本拠を構える国際送金決済フィンテックが1,900万ドルを調達した。その名はエアーワレックス(Airwallex)。

 

2017年5月1日にシリーズAで1,300万ドルを調達。12月14日には同じくシリーズAで600万ドルを追加調達した。今回追加投資したのはSquare Peg。オーストラリアの会社だ。

 

今回調達した資金は特にアジアでの事業拡大に使う。この12月には、欧州事業拡大のためレイルズバンク(RailsBank)との提携を発表している。

 

レイルズバンクとの提携で、エアーワレックスは英国とユーロ圏での業務が可能になる。レイルズバンクは、エアーワレックスの国際送金決済と外国為替サービスを顧客に提供する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop