「モバイル決済 for Airレジ」が「和民」等を展開するワタミに導入決定(リクルートライフスタイル)

2018年1月11日12:14

リクルートライフスタイルは、同社の提供する「モバイル決済 for Airレジ」において、「和民」などを展開するワタミが運営する全国の「和民」など4業態計216店舗に、2018年1月15日以降順次導入されると発表した。これにより、中国のモバイル決済アプリ「Alipay(支付宝:アリペイ)」が利用可能になる。

「モバイル決済 for Airレジ」の利用イメージ(リクルートライフスタイル)

「モバイル決済 for Airレジ」は、利用者が提示する決済サービスのQRコードを読み込むだけで決済が完了するモバイルペイメントサービスとなる。今回、ワタミは、中国の春節を見据え、訪日中国人を中心とする利用者の決済における利便性を向上させるため、全国にある「和民」など4業態計216店舗に「モバイル決済 for Airレジ」の導入を決定し、 Alipay決済に対応した。

店舗は、「モバイル決済 for Airレジ」のアプリをダウンロードしたiOS端末とインターネット環境を用意するだけで、 Alipayなどの決済サービスを導入することが可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop