グーグルが決済をGoogle Payに統一(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年1月18日9:00

グーグルはすべての決済プログラムをGoogle Payに統一すると発表した。これまでは、Google WalletやAndroid Payなど、バラバラに展開していた。

 

Google Payに含まれる決済は、Android Payが担っていたNFC非接触決済やウェブ決済、アプリ内決済、そしてGoogle Walletの役割だったP2P送金など。

 

グーグルは独自の決済ブランドを一本化することにより、グーグル経済圏の構築を急ぐ。

 

Google Payを導入するマーチャントは、AdyenやBraintree、Stripe、Vantiv、Worldpay、EBANXのサポートにより、10行足らずのコードをコピーするだけでいい。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop