京都国立近代美術館がクレジットカードや電子マネー決済導入(UCカード)

2018年1月19日18:34

京都国立近代美術館は、ユーシーカード(UCカード)と提携し、2018 年1月20日から、美術館観覧料の支払い方法として、クレジットカードや電子マネー等の取り扱いを開始すると発表した。

京都国立近代美術館 ※撮影 :四方邦煕氏(京都国立近代美術館/UCカード)

クレジットカード(Mastercard、Visa)、銀聯、SuicaやICOCAなどの交通系電子マネー、iD、Visa payWave、 Mastercardコンタクトレス、J-Debitといった決済が利用可能となる。

また、同美術館では訪日外国人の来場が急増しており、直近3年は前年比 140%程度ずつの増加が続いている。2017年度も12月時点ですでに2016年度を上回る訪日外国人が来場していることから、銀聯カード、Mastercardコンタクトレス、Visa payWave等、現在は国内よりも海外を中心に普及している決済手段も取り扱うことで、多種多様な来場者の利便性向上を図っていきたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop