本格的ウォレットカードついに始動(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年1月22日10:32

今から4年前、1枚のカードに複数のクレジットカードやデビットカードを格納できるウォレットカードが話題になった。

 

CoinやPlastc、Stratos、Swypなどがクラウドファンディングで資金を調達し、夢のようなカード製造にチャレンジした。しかし、それらはほんとうに夢で終わってしまった。

 

執念深くチャレンジしつづけたのがダイナミクス(Dymanics)である。2018年1月にラスベガスで開催された総合家電ショー(CES)で発表したウォレットカード(Wallet Card)は、ベスト革新賞を受賞した。

 

格納したカードは磁気、IC、非接触のいずれにも対応。ウォレットカードにはパネルと選択ボタンがついているので、格納したカードを簡単に選んで使える。

 

選択したカードにあわせて、磁気情報やIC情報を瞬時に書き換えるという画期的なウォレットだ。

 

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop