インドのフードアプリ200億円調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年2月17日9:00

インドのスタートアップ投資は過熱気味だ。フードアプリのゾマト(Zomato Media Pvt. Ltd)は、2億ドルの資金を調達。時価総額は11億ドルとなり、見事ユニコーンクラブ入りをはたした。

 

投資したのはAlipayを運用するアントフィナンシャル。IPOを控え、トップラインを上げられる会社への投資を加速している。

 

ゾマトは2008年7月の創業で、本拠はインドのグルガオン。今回を含め10回のラウンドで、4億4,380万ドルを調達している。

 

ゾマトはレストラン検索や、フードデリバリーのアプリ運営会社。インドだけでなく、米国、英国、ニュージーランド、オーストラリア、トルコ、スロバキア、UEA、カナダ、インドネシア、フィリピンなど23カ国で展開している。

 

多くの国で営業しているのもアントフィナンシャルにとっては魅力だ。これらのレストランやカフェでの決済をAlipayに拡大できる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop