Uコマースの時代へ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年2月19日9:00

IoT時代の小売業界はオンラインショップとリアル店舗を融合したコマースが一般的になる。O2Oやオムニチャネルというバズワードが一時はやったが、いまはUコマースというらしい。

 

Uコマースとは、ユニファイドコマースの略称。IoTですべてのチャネルを統合し、データ活用にもとづいたパーソナルな体験を提供するコマースである。

 

ボストンリテールパートナーズ(BRP)の調査によると、全米大手小売500社のうち、28%がすでにUコマースを導入しているという。

 

2017年は9%だったから、急速に導入が進んでいる。2020年までには、81%が導入すると予測した。

 

マーチャントが消費者を惹きつけるためには、IoTとデータ活用を組み込んだビジネスモデルに変革しなければならない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop