新世紀世代を狙え(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2010年11月05日9:00

18歳から34歳という新世紀世代の決済行動は、35歳から54歳のセグメントや55歳以上のセグメントとはひと味違うことがわかった。

新世紀世代のデビットカード保有率は80%と他のセグメントとくらべて高い。逆にクレジットカードの保有率は56%で最低だった。

非接触決済手段の保有率は12%で高い。インターネットでの5ドル以下のマイクロペイメントの利用はもっとも高く56%。35歳から54歳は46%、55歳以上は23%だった。

時代環境は明確に世代に反映されるが、米国では新世紀世代のクレジット離れ、デビット愛好という傾向が強い。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop