Android搭載 スマートフォンでモバイルSuicaサービスを提供(JR東日本)

2010年11月09日18:22

JR東日本は11月9日、2011 年度上期にdocomo、KDDI、ソフトバンクモバイルのおサイフケータイ対応Android搭載 スマートフォン(Android スマートフォン)において「モバイルSuica」サービスを提供すると発表した。

2006 年1月にサービスを開始したモバイルSuicaは、現在約222万人の会員が利用している。今年3月からはモバイルSuicaのオートチャージのサービスを開始している。JR 東日本は、モバイルSuicaサービスをAndroid スマートフォンで展開することにより、利用者が拡大するスマートフォンユーザーへ良質なサービスを提供していきたいとしている。

主なサービス内容は、「SF(電子マネー)の『入金(チャージ)』『履歴表示』」、「『通勤定期券』『グリーン定期券』『FREX 定期券』などの定期券」、「モバイルSuica特急券」、「Suicaグリーン券」、「ネット決済」、「ビューカードによるオートチャージ」となっている。

page toppagetop