米モバイル決済NWを共同で構築(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2010年11月24日9:00

噂になっていた米携帯電話キャリア3社によるモバイル決済ジョイントベンチャーが設立された。AT&TモビリティとTモバイルUSA、そしてベライゾンUSAの3社の合弁だ。

ジョイントベンチャーの名称はISISで、全米のモバイルコマース網を構築し、利用者が携帯電話を使ってショッピングや決済、ロイヤルティ、クーポン、リウォーズなどのサービスを受けられるようにする。

決済分野では非接触決済も可能にする予定。今後18カ月間以内に、主要都市でサービスを開始する。

携帯キャリア3社の携帯電話利用者数は2億人を超える。このジョイントベンチャーISISは、決済ではDiscoverと協業していく方針。Discoverは全米に700万加盟店を保有しているが、そこで非接触のモバイル決済ができるようにする。

モバイル決済NWを使ったカード発行会社の第1号ユーザーは、バークレイカードになる予定。多様なモバイル決済商品を提供するという。

米国では携帯キャリアが足並みを揃えて、モバイル決済インフラを構築する。美しい。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop