消費者金融事業はアイフル、信販・クレジットカード事業はライフに集約

2010年12月2日10:52

アイフル、ライフ、シティズ、シティグリーン、マルトーの5社は、12月1日開催の取締役会において、2011年4月1日(予定)を効力発生日としたグループ再編にかかる基本方針を決議したと発表した。具体的には、消費者金融事業は「アイフル」ブランドに、信販・クレジットカード事業は「ライフ」ブランドに集約する。また、これら事業分野の集約のほか、事業者金融事業のシティズ・シティグリーン、不動産賃貸事業のマルトーをアイフルに吸収合併する。

ライフが100%出資し本年7月に設立した新会社であるライフカードが、信販事業に必要な許認可申請をした上で、ライフの信販事業・ライフにて提携済みの保証事業・保険事業などについて、2011年4月1日を効力発生日とし、会社分割(吸収分割の方式)によりライフカードへ承継させる。また、ライフカードへ承継する事業以外の、ローン事業(ライフプレイカード事業)・信販事業の管理債権・保証事業における求償債権など、会社分割後の旧ライフはアイフルへ吸収合併するという。

page toppagetop