世界の金融機関から10億ドル(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年3月9日15:48

サイバーテロが組織的に世界の金融機関を狙っている。カーバナック(Carbanak)という組織で、ロシア、中国などの出身者からなるハッカー集団だ。

2014年に世界の金融機関から盗んだ額は10億ドルというからすごい。カスパースキー研究所(Kaspercky Lab)が明らかにした。

盗難被害にあったのは世界30カ国、100件の金融機関である。手口はスピアフィッシング。金融機関の従業員のコンピュータに侵入し、偽のE-mailを同じ金融機関の従業員に送付。

そこに添付されたワードファイルを開くと遠隔からパソコンの動作をモニタできる。ある被害者のコンピュータではビデオカメラが乗っとられ、数カ月以上も職場や作業内容をモニタされていた。

ハッカーは組織的にさまざまな仕掛けで金融機関を狙っている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop