アンドロイドペイ顔見世(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年6月5日9:00

NFC非接触決済でApple Payに先行されたアンドロイド陣営は、アンドロイドペイ(Android Pay)をついにリリースした。これでNFC非接触決済が一気に加速する。

 

利用方法はApple Payとほぼ同じ。タッチIDと同じ指紋認証を採用(Android Mから)。リアル店舗でもアプリ内支払いでもスピーディに決済できる。

 

リアル店舗では、NFC非接触決済端末にかざすだけで決済できる。アプリを開く必要はない。購入後すぐにアンドロイド端末で支払内容を確認できる。

 

百貨店のメイシーズやブルーミングデール、アパレルのアメリカンイーグルやエアロポスタールなど、全米70万カ所のマーチャントで利用可能になる。Apple Payが使えるところはすべて、アンドロイドペイも使えるということ。

 

アプリ内決済では、グルーポンやウーバー、ウィッシュ、ダンキンドーナツなど1,000件のアプリで使えるようになる。もちろんグーグルプレイでも。

 

セキュリティはカード業界の標準仕様トークナイゼーションを採用。実際のカード番号を使わないから安全だ。

 

アンドロイドペイのリリースに合わせ、VisaやMasterCard、Discover、Amexも一大イベントとしてニュースを発表している。

 

グーグルウォレットはどうなるのか、気になるところ。個人間の送金アプリとして再登場する予定だ。送金は相手のデビットカードか銀行口座に送られる。

 

アンドロイドペイが利用できるのはAndroid4.4(KitKat)以降のスマートフォンである。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop