SMB融資でオーストラリアへ参戦(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年6月10日9:00

オンライン融資のスポットキャップ(Spotcap)は、オーストラリアのスモールビジネス向けにサービスを開始した。

 

スポットキャップは2014年設立のベンチャーで、本拠はベルリン。ネット通販大手のロケットインターネットが支援している。

 

オーストラリアには200万件のスモールビジネスがあるが、雇用の70%を担う重要な存在。しかし、資金調達は厳しい。オーストラリア統計局によると、中堅企業にくらべ、審査で否決される率は約2倍だという。

 

スポットキャップの強みは、スピード融資と柔軟な金融ソリューション。独自のリスクマネジメントで、スモールビジネス融資のビジネスモデルを変革している。

 

スポットキャップはベンチャーでありながらオンライン融資の世界的リーダーをめざし国際展開を推進している。2014年9月にはスペイン、2015年5月にはオランダとオーストラリアに進出した。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop