スクエアのアプリマーケット(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年6月11日9:00

スクエアはSquare App Marketplaceで、mPOSアプリケーションと連動するサードパーティのアプリケーションを販売している。

 

自社開発には限界がある。開発者にプラットフォームを解放することによって、マーチャントにユニークなアプリケーションを提供できるからだ。

 

5月末現在で16件のアプリケーションを販売している。そのひとつ、ショップベントリー(Shopventory)は、Squareと連動するスモールビジネス向けの在庫管理アプリケーションを開発した。

ショップベントリーのベーシック版は無料だが、アドバンス版は月間25ドル、プレミアム版は月間59ドルだ。この一部がSquareの収益となる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop