2020年の安心・便利なクレジットカード決済に向けたセキュリティ最前線

2014年5月29日11:57

2020年の東京五輪に向け、国内でも安心・便利に利用できる決済サービスの構築が進められている。2014年12月26日には、「キャッシュレス化に向けた方策」も発表されるなど、非現金化に向けた動きも加速している。

20150529psfグローバルでは、Apple PayやAndroid Pay、Samsung Payなど、新たな決済サービスが発表され、今後は国内でもニューテクノロジが生まれると予想される。

便利な決済サービスが広がる一方で、“決済は利便性とセキュリティのトレードオフ”といわれるように、セキュリティ対策が重要となる。特に近年は、カードを提示しない「CNP(Card Not Present)」での不正が顕在化している。また、リアルの世界では、経済産業省が2014年7月にクレジットカードの完全IC化を目指すと発表した。さらに、日本クレジット協会(JCA)でも2020年までに100%IC化を目指しているように、業界あげてICクレジットカードの推進が行われている。

ペイメントナビ編集部では、リアル店舗やネット加盟店のセキュリティ対策、PCI DSS準拠事例、POS端末やスマートフォン決済のセキュリティ強化、国際的に求められるセキュリティ対策などについて、一日で触れることができるセミナー「ペイメントカードセキュリティフォーラム2015」を2015年3月12日に開催した。今回のフォーカスでは同講演の模様を中心に、カードセキュリティの最新動向についてレポートする。

■ペイメントカード・セキュリティフォーラム記事

決済のデジタル化と国際的な取り組み
~ビザ・ワールドワイド・ジャパン

モバイル決済におけるセキュリティリスク管理の新潮流(上)
~タレスジャパン

ハイセキュリティのスマホ決済サービスを目指す「PAYGATE」の取り組み
PCI DSS準拠DUKPT完全対応のスマホ決済プラットフォームの強みとは?
~ロイヤルゲート

世界の決済サービスを陰から支える「HP Atalla」
~日本ヒューレット・パッカード株式会社

10年間の運用から販売員やお客様がより使いやすい端末に刷新
~東武百貨店

ゴルフダイジェスト・オンラインのトークナイゼーション導入のメリット
カード番号を乱数に置き換えて、安全なカード情報の管理が可能に
~ゴルフダイジェスト・オンライン

世界標準の中でのNCRのPayment Solution
セキュアなPOS決済ソリューション、不正検知システムを提供
~日本NCR

「MasterCard Digital Enablement Service(MDES)」によるセキュリティ強化
トークンによる、安心・安全な決済サービスの実現
~MasterCard

■セキュリティ最新動向

PCI SSCが「PCIアジア太平洋コミュニティミーティング」を10月に日本で開催

■ペイメントナビメールマガジン読者の方には先行配信を実施予定です。ぜひ、ご登録をお願いします(登録サイト)。

page toppagetop