サービスプロバイダのレベル

 

サービスプロバイダのレベル(出典:PCI DSS Version1.2 徹底解説)

Visa、MasterCardは30万件以上の取引を伝送、処理、保存するサービスプロバイダをレベル1、30万件以下の取引の場合はレベル2としている。

Visa、MasterCardはレベル1を対象にオンサイト監査、レベル2を対象に自己問診を課している。

JCB、AmericanExpressはすべてのTPP(サードパーティープロセッサ)となっており、レベル分けをしていない。

page toppagetop