NTTデータが金融機関向け不正送金対策ソリューション「PhishWallクライアントレス」を採用(セキュアブレイン/DNP)

2015年10月6日20:08

NTTデータ、セキュアブレイン、大日本印刷(DNP)の3社は、インターネットバンキングにおける不正送金対策ソリューション「PhishWallクライアントレス(フィッシュウォールクライアントレス)」の普及を共同で進め、不正送金被害の削減に取り組むと発表した。

検知イメージ図(出典:NTTデータ、セキュアブレイン、DNPのプレスリリース)

検知イメージ図(出典:NTTデータ、セキュアブレイン、DNPのプレスリリース)

3社は、NTTデータが提供する個人向けインターネットバンキングサービス「AnserParaSOL」および、法人向けインターネットバンキングサービス「AnserBizSOL」を利用する金融機関に対し、セキュアブレインが開発した「PhishWallクライアントレス」を利用できるサービスを2015年11月16日より提供する。これにより、普及率が課題となるウイルス対策ソフトウエアのインストール有無に関わらず、「AnserParaSOL」、「AnserBizSOL」におけるインターネットバンキング利用者すべてに、ウェブブラウザーでの通信の盗聴や改ざんを行うウイルスの攻撃を検知・防止するセキュリティ対策を提供することが可能となる。また、金融機関は、個別に環境を構築することなく、「PhishWallクライアントレス」を導入することができるという。

なお、販売は、金融機関のICキャッシュカードの実績とセキュリティソフトのインストールタイプである「PhishWall プレミアム(フィッシュウォールプレミアム)」の実績を持つDNPが担当する。さらに、3社は共同で、「PhishWallクライアントレス」の普及を進め、2016年3月までに20金融機関の受注・導入を目指す。

大日本印刷株式会社

大日本印刷

〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop