magatama(マガタマ)認証局によるオンライン本人確認サービスの提供を開始(DDS)

2016年7月7日22:18

ディー・ディー・エス(DDS)は、FIDO(Fast IDentity Online)に準拠したmagatama(マガタマ)認証局によるオンライン本人確認サービスの提供を2016年7月より開始すると発表した。合わせてサーバー向けのFIDO認証機能の導入キット(FIDOに準拠したスマートフォン用アプリ、magatamaデバイス2個、接続用アカウント)の提供も開始する。

FIDOとは「ID・パスワードに依存しない新しいオンライン認証」の通信規格となる。認証はクライアント側で完結し、サーバー側に一切の個人情報を送信しない。サーバー側ではクライアントとの間で公開鍵ベースの認証プロトコル(PKI)にてユーザー認証を実現している。

また、OpenID ConnectによるID連携を採用しており、インターネット上にあるさまざまなサービス・Webサイト等を利用する際、一度の認証で複数サービスのログインが可能になる。

さらに、生体認証機能を持たないスマートフォン、タブレット、PCについてはエンドユーザ向けにウェアラブル指紋認証端末であるmagatamaデバイスを提供する。また各端末用のmagatamaアプリ、サーバー構築用のSDKも提供する。

Magatamaプラットフォームイメージ(出典:ディーディーエス)

Magatamaプラットフォームイメージ(出典:ディーディーエス)

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop