「PCI DSS・カード会員情報保護の最新動向」

PCI DSS資料請求サイト

2010年11月09日10:33

「PCI DSS・カード会員情報保護の最新動向」

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)はVisa、MasterCard、JCB、American Express、Discoverの国際ペイメントブランド5社が定めた、カード業界の国際セキュリティ基準である。国際ブランドが付与されたカード情報を「処理、伝送、保存」する加盟店、サービスプロバイダが対象となる。10月28日にはPCI DSS Version2.0が発行となり、来年1月からはこれまでの2年間から3年間のライフタイムサイクルで運用されることとなった。ペイメントナビのディレクターは前職でPCI DSS関連の2冊のガイドブック、そして現職では「PCI DSS Version1.2徹底解説」(瀬田陽介氏著書)とPCI DSS関連の雑誌やレポートを統括してきた実績がある。その経験を生かし、PCI DSSとカード会員情報保護の最新動向についてレポートする。

内容予定項目

■ブランドに聞く、国内のPCI DSSの遵守状況

ビザ・ワールドワイド 井原亮二氏に聞くAISの遵守状況

MasterCardのSDPプログラムと加盟店の遵守状況(1)

MasterCardのSDPプログラムと加盟店の遵守状況(2)

■日本カード情報セキュリティ協議会の最新動向

年末にQSA部会報告資料を発表(JCDSCコミュニティミーティング1)

■PCI DSS Version2.0の注目ポイントは?

QSAに聞くVersion2.0のポイント~(1)NTTデータ・セキュリティ

QSAに聞くVersion2.0のポイント~(2)ベライゾン ビジネス

QSAに聞くVersion2.0のポイント~(3)NRIセキュアテクノロジーズ

QSAに聞くVersion2.0のポイント~(4)ブロードバンドセキュリティ

・参考

PCI DSS Ver.2.0の要件を解説~BSIグループジャパン(1)

PCI DSS Ver.2.0の要件を解説~BSIグループジャパン(2)

■経済産業省に聞く「クレジットカード番号などの保護」について

改正割賦販売法で「クレジットカード番号等」の保護を規定
イシュア、アクワイアラにも適切な管理を求める

■JIPDEC(日本情報処理開発協会)の取り組み

クレジット産業向けにISMSとPCI DSSの両審査の取得を推進
Version2.0のユーザーズガイドもWebで公開予定

■インシデント対応とフォレンジック調査の最新動向

情報漏洩を起こした企業の約80%がPCI DSSに非準拠
QIRA、QFIの両認定を取得し、フォレンジック調査で多数の実績
~ベライゾン ビジネス

数多くのペイメントカードの情報漏洩案件に携わる
緊急時の初動対応から改善後の運用までトータルにサポート
~ラック

電子証拠調査のプロとPCI DSSのQSAが連携
ペイメントカードのフォレンジック調査専門の合弁会社を設立
~Payment Card Forensics

■Visaの全世界での取引を分析し不正利用を検知するVAA

Visaの全世界での取引を分析し不正利用を検知
「Visa Advanced Authorization」を国内のイシュアに提案

イシュアの不正損失のさらなる削減
収益機会損失の削減に貢献

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●PCI DSS関連最新動向

決済アプリケーションセキュリティ基準「PA-DSS」入門 好評連載中

RSAセキュリティが「RSA Data Protection Manager」を発表

セキュアなペイメントカードの運用が可能なトークン化セキュアパック(SafeNet)

PCI DSSのVer.2.0の翻訳版を公開(NTTデータ・セキュリティ/日立ソリューションズ)

●PCI DSS関連書籍情報

きんざいの「月刊消費者信用10月号」(外部サイトに移動)でもPCI DSS関連の特集が組まれています(特集:PCI DSSは進んでいるか)

●参考情報

①PCI DSS Navi

②準拠企業一覧(ペイメントナビで取材した準拠企業の一覧になります)

③リンク集

④カードセキュリティの仕組み

※内容は順次、掲載予定です。

■ペイメントナビメールマガジン読者の方には先行配信を実施予定です。ぜひ、ご登録をお願いします(登録サイト)。

page toppagetop