PCI DSSとは?

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)はVisa、MasterCard、JCB、American Express、Discoverの国際ペイメントブランド5社が定めた、カードのセキュリティ基準だ。国際ブランドが付与されたカード情報を処理、伝送、保存する加盟店、サービスプロバイダが対象となる。

カード決済に関するデータ保護が目的とされ、以下の6項目12要件が定められている。

安全なネットワークの構築と維持

 要件1:カード会員データを保護するために、ファイアウォールをインストールして構成を維持する
 要件2:システムパスワードおよび他のセキュリティパラメータにベンダ提供のデフォルト値を使用しない

 カード会員データの保護

 要件3:保存されるカード会員データの保護
 要件4:オープンな公共ネットワーク経由でカード会員データを伝送する場合、暗号化する

脆弱性管理プログラムの整備

 要件5:アンチウイルスソフトまたはプログラムを使用し、定期的に更新する
 要件6:安全性の高いシステムとアプリケーションを開発し、保守する

強固なアクセス制御手法の導入

   要件7:カード会員データへのアクセスを、業務上必要な範囲に制限する
 要件8:コンピュータにアクセスできる各ユーザに一意のIDを割り当てる
 要件9:カード会員データへの物理的アクセスを制限する

ネットワークの定期的な監視およびテスト

 要件10:ネットワークリソースおよびカード会員データへのすべてのアクセスを追跡および監視する
 要件11:セキュリティおよびプロセスを定期的にテストする
情報セキュリティポリシーの整備
 要件12:すべての担当者の情報セキュリティポリシーを整備する

page toppagetop