3-Dセキュア

通常、クレジット決済の場合はカード番号と有効期限で決済を行うが、その場合、たとえばカードを第3者に盗まれれば簡単に決済ができてしまう。3-Dセキュアはネットショッピングにおいて、独自のパスワード認証を取り入れることにより、本人確認を行う仕組みである。

ビザ・ワールドワイドが「VISA認証サービス」、マスターカード・ワールドワイドが「SecureCode(セキュア・コード)」、ジェーシービーが「J/Secure(ジェイセキュア)」で展開している。

3-Dセキュアの“D”は「イシュア」「インターオペーラビリティ」「アクワイアラ」の3つのドメインから構成されるスキームを指している。本人認証は、ネットショッピング時にカード発行会社とカード会員の二者間で実施。カード会員本人だけが認知するパスワードを使用することで、第三者による“なりすまし”を防いでいる。

■デモ画面

「VISA認証サービス」の流れ

visa

http://www.visa-asia.com/ap/jp/merchants/productstech/popup_demo.html

 

「SecureCode(セキュア・コード)」の流れ

master

http://www.mastercard.com/jp/cardholderservices/securecode/flash/securecodedemo.html

 

「J/Secure(ジェイセキュア)」の流れ

jcb

http://www.jcb-global.com/solution/demo_popup.html

page toppagetop