「楽天ポイントカード」で飲食店を展開するトマトアンドアソシエイツと提携(楽天)

2018年6月21日18:04

楽天は、運営する共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」において、全国で飲食店を展開するトマトアンドアソシエイツと提携したと発表した。

同提携により、2018年7月18日から、トマトアンドアソシエイツの運営する飲食店「バラエティ ダイニングハウス トマト&オニオン」4店舗および「焼肉レストラン じゅうじゅうカルビ」9店舗にて、「楽天ポイントカード」の提供を開始する。

ユーザーは対象店舗での支払い時に、「楽天ポイントカード」や「楽天ポイントカードアプリ」を提示すると、楽天グループの各種サービスで利用できる「楽天スーパーポイント(以下、「楽天ポイント」)」を貯めることができるようになる。ポイント付与率は、200円(税抜)につき1ポイント。また支払時には貯まったポイントを利用することが可能だ。貯まった「楽天ポイント」は、「楽天ポイントカード」加盟企業がサービス提供する、ガソリンスタンド、コンビニエンスストア、ドラッグストア、飲食店に加え、「楽天市場」でのショッピングや「楽天トラベル」での宿泊予約、レンタカー予約など、楽天グループの各種サービスでも利用できる。また、8月には、対象店舗を両飲食店の全店舗に拡大する予定だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop