電子マネー「majica」と「円満快計」サービス開始(ドン・キホーテ)

2014年3月17日15:26

ドン・キホーテは、2014年3月18日から、ドン・キホーテグループ独自の電子マネー「majica(マジカ)」および「円満快計(えんまんかいけい)」のサービスを開始すると発表した。

電子マネー「majica」(出典:ドンキ・ホーテのプレスリリース)

電子マネー「majica」(出典:ドンキ・ホーテのプレスリリース)

majicaは全国のドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテ、長崎屋、ドイトなど全266店舗で利用することができて、チャージ時のポイント付与や家電およびブランド品の会員価格での提供など、多彩なサービスが受けられる電子マネーサービスとなる。同時に従来の会員向けカード「家電御贔屓(かでんごひいき)カード」、「ブランドメンバーズカード」、「ドイトクラブカード」はmajicaに統合される。

また、買い上げ総額1,000円以上の会計時にmajicaを提示した顧客は、いつでも1円単位の端数(1円~最大9円)を値引きするドン・キホーテグループのオリジナルサービス『円満快計』が3月18日(火)からスタートする。

さらに、3月中にmajicaに入会した顧客全員に「3%OFF券」をプレゼント。「3%OFF券」は4月1日から6月30日までの間に希望の会計時に1回、購入の本体価格の合計金額から3%値引きとなるサービス。3%値引き後の総額が1,000円以上の場合は「円満快計」も適用となる。

なお、majicaのカードデザインは複数パターンの発行を予定しており、顧客の好みのデザインを店頭で選択して購入することが可能だ。3月18日から複数のカードデザインを用意して店頭で販売するが、さらなる追加デザインを顧客の投票で決めようという試みとして「majica48カードデザイン総選挙」を実施している。「majica48カードデザイン総選挙」は、ClubDonpen(クラブドンペン)モバイル会員に48種類のカードデザイン候補の中から、好みのデザインへ投票してもらう企画だ。採用デザインに投票した人の中から抽選で海外旅行や大型液晶テレビなどの豪華商品を進呈。採用デザインの販売開始は5月上旬を予定している。

page toppagetop