「majica」の会員数が6月8日に100万人を突破(ドン・キホーテ)

2014年6月9日11:19

ドン・キホーテは、同社が発行する独自のプリペイドカード「majica(マジカ)」の会員数が、2014年6月8日に100万人を突破したと発表した。

majicaカード。ドンキ・ホーテでは色とりどりのカードを販売

majicaカード。ドンキ・ホーテでは色とりどりのカードを販売

「majica」は初年度会員数目標を100万人として2014年3月18日からサービスを開始したドン・キホーテグループ独自の電子マネー(磁気プリペイドカード)。今回、オリジナルサービス等の展開により、サービス開始からわずか12週、83日間で会員数100万人を突破したそうだ。

「majica」は全国のドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテ、長崎屋、ドイトなど全271店舗で利用でき、入金時に1%のポイントが付与される。また、貯まったポイントは1ポイント1円としてドン・キホーテグループ全店で利用可能だ。さらに、買い上げ総額1,000円以上の会計時にmajicaを提示した人には、いつでも1円単位の端数(1円~最大9円)が値引きされるドン・キホーテグループのオリジナルサービス「円満快計(えんまんかいけい)」のサービスが受けられる。

page toppagetop