アルファベットが国際送金PFへ投資(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年3月23日20:19

アルファベットのベンチャー投資部門GVは、英国のカレンシークラウド(Currencycloud)へ2,500万ドルの投資をリードした。今回はシリーズD。これまで5回のラウンドで総額5,924万ドルを調達している。

 

カレンシークラウドは創業2012年のフィンテックベンチャー。ロンドンに本拠を構え、国際送金のプラットフォームを送金や決済事業者に提要している。

 

顧客には国際送金のアジモ(Azimo)や、外貨両替のセントリップ(Centtrip)、クラウドファンディングのシーダーズ(Seedrs)、モバイルバンキングのフィドー(Fidor)、決済ソリューションのクラーナ(Klarna)など多彩な面々を抱えている。

 

カレンシークラウドへの投資が、グーグルの新たな送金決済サービス展開を意味するかは不明だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop