決済事業部門を分社化、PAY株式会社設立(BASE)

2018年1月4日13:35

BASEは、2018年1月4日付けで決済事業部門を分社化し、モバイル決済アプリ「PAY ID」およびオンライン決済サービス「PAY.JP」を運営する新会社「PAY株式会社」を2017年12月11日に設立したと発表した。資本金は5,000万円で、代表取締役CEOには高野 兼一氏が就任した。

今回の分社化により、さらに決済事業に最適な組織体制を構築し、スピード感のある意思決定のもとでオンライン決済サービス「PAY.JP」および支払いアプリ「PAY ID」事業を展開していきたいとしている。

また、BASEは、既存株主であるグローバル・ブレイン(GB)をリードインベスターとして、GBが運営するグローバル・ブレイン 6号投資事業有限責任組合と、マネーフォワードを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額15億円の追加資金調達を完了したと発表した。  

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop