WeChatが中国IDに統合(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2018年2月18日9:00

中国でチャットアプリといえば、WeChat。現在9億人を超える日次稼働利用者がいる。毎日WeChatで飛び交うメッセージ数は380億件になるというからすごい。

 

WeChatは2011年サービス開始以来、中国政府と緊密な関係にある。中国政府から助成金を受けているのだ。その関係から、政府職員はユーザーの会話を検閲・監視している。

 

中国でWeChatがメッセージアプリを独占しているのは、政府の支援を受けているからである。2009年にFacebookを締め出し、2015年には韓国のLineをブロック、2017年にはWhatsAppを禁止している。

 

そのWeChatが、さらに政府の大きな役割を担おうとしている。中国政府の電子IDシステムとWeChatを統合するという計画が進行中だ。

 

中国各地で発行しているIDカードの代わりに、WeChatはバーチャルIDカードを発行する。すでにWeChatは本人登録を義務づけているため、物理的なIDカードの代用として使える。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop