クレジットカードのカテゴリーと種類

2018年2月19日8:48

世界でたくさんの種類(タイプ)のクレジットカードが発行されている。クレジットカードのカテゴリーは、どのように分類されているのであろうか? 実は、クレジットカードの分類に、決まった答えは見つからない。レポート「世界のクレジットカードビジネス市場要覧」から、いくつかのキーをもとに、クレジットカードのカテゴリーを分類してみることにする。

クレジットカードのカテゴリーと種類を15のキーワードによって分類

クレジットカードのカテゴリーと種類を(図表)に、「クレジットカードのスキーム」、「クレジットカードの地理的制約」、「クレジットカードの国際ブランド」など15のキーワードによって分類してみた。現在流通しているクレジットカードの大半を網羅できたと思っている。

15のキーワードでどうしても分類できなかったのが、オフショアクレジットカードである。オフショアクレジットカードとは、ケイマン島やチャンネル諸島などのオフショア銀行(預金者の大半が国外に居住)の預金口座にリンクしたクレジットカードで、その多くが高額な預金を担保に与信限度額の高いクレジットカードを発行している。「クレジットヒストリーに問題がある人に発行するカード」に分類しているセキュアードクレジットカードと同様に、銀行の預金を担保に銀行が発行するクレジットカードでもある。

(図表)クレジットカードのカテゴリーと種類

クレジットカードのスキーム

 

ストアカード(二者間契約スキームのクレジットカード)

プライベートラベルクレジットカード

サードパーティカード(クローズドスキーム)

フォーパーティカード(オープンスキーム)

クレジットカードの地理的制約

 

ローカルベースのクレジットカード

ナショナルベースのクレジットカード

インターナショナルベースのクレジットカード

クレジットカードの国際ブランド

VISA

マスターカード

JCB

中国銀聯

アメリカンエキスプレス

ダイナースクラブカード

クレジットカードの発行対象者

個人を対象にしたクレジットカード

事業者、法人を対象にしたクレジットカード

事業者、法人・団体を対象にしたクレジットカードの発行対象者

ビジネスカード

コマーシャルカード(コーポレートカード)

オフィシャルカード(ガバメントカード)

事業者、法人を対象にしたクレジットカードの種類

T/Eカード

フリートカード

パーチェシングカード

ハイブリッドカード

クレジットカードの返済方法

チャージカード

リボルビングカード

分割払いカード

提携クレジットカード

プロパークレジットカード

コブランディドクレジットカード

アフィニティクレジットカード

セグメントクレジットカード

女性クレジットカード

学生クレジットカード(キャンパスクレジットカード)

トラベラーズクレジットカード

プレミアクレジットカード

(クレジットカードのグレード)

ゴールドカード

プラチナカード

ダイヤモンドカード

ブラックカード

本人カードと追加カード

本人カード

家族カード

クレジットヒストリーに問題がある人に発行するクレジットカード

セキュアードクレジットカード

サブプライムクレジットカード

(オープンループのオンラインプリペイドカード)

クレジットカードの媒体

紙カード

プラスチックカード

エンボスカード

磁気カード

ICカード

ICクレジットカード

コンタクトICカード

コンタクトレスICカード

デュアルインターフェースICカード

クレジットカードの特典サービス

特典ポイント

キャッシュバック

出典:各種公表資料より作成

ストアカード(二者間契約スキームのカード)、プライベートラベルクレジットカード 

クレジットカードには二者間契約スキームのハウスカード、三者間契約のサードパーティカード(クローズドスキーム)、四者間契約のフォーパーティカード(オープンスキーム)の3つがある。

クレジットカードは事業者が顧客に対する掛け売りを行うための本人認証用のIDとして交付したのが始まりで、事業者と顧客の二者間の契約スキームであった。1950年代から1970年代はこうした二者間の契約スキームのクレジットカードの全盛期で、デパートやホテル、ガソリンスタンド、レンタカー、航空会社などがこぞって顧客の囲い込みと売上の拡大のためクレジットカードの発行を行ってきた。現在ポイントカードで財布が溢れているように、顧客の財布はこうしたクレジットカードで溢れていた。1950年代から1960年代にかけて、VisaやMastercardの前身であるバンククレジットカードやT/Eカードのアメリカンエキスプレスやダイナースクラブが誕生し、拡大した背景には、二者間の契約スキームのクレジットカードの拡大がある。

1970年当時、ブルーミングデールなどの高級デパートやヒルトンなどの高級ホテルの二者間の契約スキームのクレジットカードを持っていることはステータスであった。二者間の契約スキームのクレジットカードはハウスカードとかプライベートラベルクレジットカードと呼ばれている。プライベートラベルクレジットカードは、特定の小売業者、独立したディーラーまたはメーカーのブランドを冠したカードである。多くの事業者は、自社の顧客にクレジットを提供して販売を増やすために独自のカードを持つことを好む。

ペイメントカードのニュースレター誌であるニルソンレポートの2016年9月1094号によると、2016年において、世界中で発行されているクレジットカードの34%は、プライベートラベルクレジットカードで、およそ61億枚が発行されているといわれている。2010年の51億枚に比べ、5年間で約10億枚増加し、2020年には71億枚を超えるものと予想されている。

こうしたプライベートラベルクレジットカードは、アメリカでは1970年頃までデパートやホテル、レンタカー会社、石油会社などがその業務の全てを行っていたが、クレジットカード業務が拡大するに従い、外部へのアウトソーシングが進み、現在では大半のプライベートラベルクレジットカードは、銀行系やノンバンク系のクレジットカード会社が、カードの発行の他、与信、資金調達、債権の回収といった一連のクレジットカード業務の大半をトータルで請け負う代行カード方式が採用されている。

page toppagetop