Alipayの決済情報と訪日中国人の位置情報を活用したデータ分析開始(神戸デジタル・ラボ/ユニヴァ・ペイキャスト)

2018年2月19日20:17 

神戸デジタル・ラボと中国のモバイル決済Alipay(支付宝:アリペイ)」を日本で提供するユニヴァ・ペイキャストは、アリペイの決済情報と訪日中国人の位置情報を活用した、訪日中国人の観光に関するデータ分析の取り組みを開始すると発表した。

同取り組みは、商品の購入場所や日時、購入商品などの情報が含まれるAlipayの決済情報と、訪日中国人のWi-Fiの利用データ、投稿したSNSの位置情報を組み合わせて分析し、訪日中国人の観光動態を把握するものとなる。

消費行動と移動情報を掛け合わせることで、集客から消費促進まで一気通貫したプロモーション施策に活用し、Alipay未導入による機会損失を防ぐとともに、Alipayアプリ内のO2O機能「Discover(口碑/Koubei)」の活用による来店促進を狙いとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop