「ジョーシングループ」227店舗で「LINE Pay」のコード決済導入(LINE Pay)

2018年2月20日17:47

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する「LINE Pay」において、上新電機が運営・管理する「ジョーシングループ」227店舗で、2018年3月2日より、「LINE Pay」のコード決済の導入を開始すると発表した。

LINE Pay決済のイメージ(LINE Pay)

「ジョーシングループ」は、家電製品、情報通信機器、エンターテインメント商品などを取り扱い、関西を中心に全国227店舗を展開している。今回、「Joshin」、「Joshinアウトレット」、「J&P」、「DISC・PIER」、「スーパーキッズランド」、「マザーピア」、「スーパーでんでんランド」、「楽天モバイル ジョーシンギア」を含む「ジョーシングループ」店舗で、「LINE Pay」のコード決済を導入した。

コード決済とは、スマートフォンで「LINE」アプリから「LINE Pay」のコード画面を立ち上げて表示したQRまたはバーコードをレジに提示し読み取ってもらう、もしくは、ユーザーが店舗側のコードをスマートフォンで読み取ることで支払い完了する決済方法となる。「ジョーシングループ」の店舗では、バーコードを提示し、レジで読み取ることで支払いが可能になる。

なお、2018年3月2日~4月1日までの期間中、「ジョーシングループ」各店(Joshin webを除く)で「LINE Pay」のバーコードでお支払いした人全員に、後日、合計支払い金額の5%分の「LINE Pay」残高を還元するキャンペーンを実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop