ホテルへ来訪する訪日外国人客にむけた「おもてなしサービス」の協業に合意(ホテル国際21/NIPPON Tablet)

2018年2月21日18:52

ホテル国際21とNIPPON Tabletは、2018年2月21日、ホテルへ来訪する訪日外国人客にむけた「おもてなしサービス」の協業に合意した。これはNIPPON Tabletが提供する電子決済機能を主体としたタブレット端末でのサービスであり、訪日外国人客に向けたサービスの拡充を図ることを目的としている。

タブレット端末(ホテル国際21/NIPPON Tablet)

ホテル国際21は、ホテルを利用する訪日外国人客へのサービスの拡充策を検討する中で、世界各国ではすでに定着している電子決済サービス・キャッシュレス化の状況を捉え、電子決済を中心とした店舗顧客向け支援事業を進めるNIPPON Tabletのサービスに賛同し、このほど採用することが決定した。なお、サービス利用開始は2018年3月中旬を予定している。

これによって、ホテル国際21では、「WeChat Pay(ウィチャットペイ)」をはじめとする電子決済サービスを使った対応が可能になり、さらに「7か国語テレビ通訳」なども同時に配備することによって、訪日外国人客へのおもてなしをより充実させることを目指す。

なお、NIPPON Tabletは2018年2月よりMVNO事業者となり、これと同時に市場投入する自社端末のすべてに通信SIMを搭載、無償で加盟店様へ提供することを開始している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop