Visa Everywhere Initiative、スタートアップ企業対象の体感型グローバルプログラムを強化(Visa)

2018年3月5日18:08

Visaは、米国時間の2018年2月28日、2018年のVisa Everywhere Initiative(VEI)をさらにダイナミックなプログラムに強化すると発表した。これにより、新規の参加国が増え、参加者への支援が拡大されるという。Visa Everywhere Initiativeは、グローバルなイノベーションプログラムで、将来のビジネス課題の解決、商品提案の強化、Visaの巨大なパートナーネットワークへの先見的解決策の提案という3つのチャレンジをスタートアップ企業に呼びかけるもの。

2018年に開始される Visa Everywhere Initiative は、さらに広範なアプローチを採用し、プログラム参加者に各地域固有のチャレンジを提示し、デジタルコマースソリューションを推進する。

2018 年の登録地域は 5 大陸に広がり、2つのプログラムを米国で3月19日、ロシアで3月15日に開始する。Visa Everywhere Initiativeのラインナップには、北米(米国、カナダ)、アジア太平洋(タイ、ベトナム、中国)、ラテンアメリカ(メキシコ、コロンビア、ペルー、チリ、ブラジル、アルゼンチン)、欧州、中東(ロシア、その他の欧州の国を追加予定)、アフリカ(サブサハラアフリカ)となる。

また、Visa Everywhere Initiative では、次世代のイノベーター育成を目指して、学生に焦点をあてた3つのイニシアチブを新たに追加した。欧州におけるジュニア・アチーブメントとのパートナーシップ、ロシアの 2018年 VEI プログラムでの学生参加、そして北米でのノースウェスタン大学の「MMM」学生プログラムとのパートナーシップとなる。

同プログラムは従来の各国の競争スタイルを超え、スタートアップ企業は、さまざまな形で Visa Everywhere Initiative に参加できる。例えば、Visaのイノベーションセンターのグローバルネットワークでの集中ワークショップ、Visa のグローバルパートナーおよび各地域コンペティションにおけるネットワーク構築の機会などとなる。

さらに、上位の参加者には賞金のほか、Visa Developer PlatformでのAPIを通じたVisaの商品・サービスへのアクセス、Visa エキスパートによる助言とサポートに加え、銀行、加盟店、政府各部門にわたる主要なフィンテックアクターとの交流機会を提供するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop